「ベッドに入ったら1分で眠れる」って、良いの?悪いの?

あなたは、

「ベッドに入ったら、1分で眠れる。」

なんて事はありませんか?

一般的な睡眠障害の場合、

  • 寝つきが悪い
  •  途中で目が覚める
  • 朝、予定よりも早く目がさめる

などが問題とされる為、寝つきの良さはむしろ良い事なのではと思いますよね。

でも、健康的な睡眠の場合、睡眠を促すホルモンのメラトニンが徐々に分泌されて、体温が下がっていくと同時に眠気が出て来ます。

その為、ベッドに入ってから少しずうとうとし始めて、10分〜20分くらいかけて少しずつ眠りに落ちるのが健康的と言えます。

ベッドに入った途端に落ちるように眠ってしまうのは、慢性的な睡眠不足の可能性があると言えます。

 

一般的に言われている必要な睡眠時間は約7時間と言われていますが、必要な睡眠時間は人によって異なります。

もしあなたが、きちんと7時間の睡眠時間を取っていても、ベッドに入ってすぐに寝てしまうのであれば、もしかしたらあなたにとっては、7時間の睡眠では足りないのかもしれません。

あなたに必要な睡眠時間を知るチェック項目は

 

  • 朝の目覚めが良いかどうか
  • 日中に強い眠気に襲われるかどうか
  • 休日は平日より多くの睡眠時間を必要とするかどうか

 

などがあります。

朝の目覚めも悪く、日中に強い眠気あり、休日の午前中はずっと寝ているようであれば、あなたは慢性的な睡眠不足かもしれません。

その他にも

  • 昔と比べて、最近は睡眠時間が短くなった
  • 今の睡眠時間になったのはこの数年である

なども当てはまるかもしれません。

平日に溜まった睡眠負債は、休日にたくさん寝ても中々取り戻せない為、普段から溜めないようにする事が大切。

ベッドに入ると1分で寝てしまうという方は、慢性的に睡眠不足の可能性がある為、意識して睡眠時間をもう少し長くする必要があります。

かと言っても、帰宅時間が遅かったりスマホを見たかったりと、中々睡眠時間を確保するのは難しいかもしれませんが、

10分でも20分でも良いので

  • お昼休みに仮眠を取る
  • いつもより早めに寝る

などを意識してみると、慢性的な睡眠不足の解消に効果的です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です