睡眠薬について、様々な不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

一時的な服薬は、決して悪いものではありません。

ですが、睡眠薬を飲み続けていると、却って症状が進んでしまう事もあります。

睡眠薬を飲む際には、

 

・正しい服用をしている事(ご自身の判断で服薬量の急激な増減をしていない)

・リスクもある事を理解している(添付文書などに目を通して薬の効果・効能・副作用・効果のある期間などを把握している or 主治医から十分な説明を受けている)

・処方をしている主治医が、減薬・断薬を考慮した計画的な処方をしている

 

場合に限ります。

睡眠薬に限らず、長期間の服薬はどうしても体に負担をかけてしまいます。

現在服薬中、または服薬を検討されている方は、その薬の効果と副作用をご自身でお調べになるか、主治医がどういった方針でお薬の処方をしているか(もしくはされるか)を確認いただく事が大切です。