睡眠導入剤と、睡眠薬の違いって??

あなたは、寝付けない時に睡眠導入剤を飲んだ事がありますか?

心療内科や、かかりつけの医師に眠れない事を伝えると、必ずと言って良いほど睡眠導入剤を処方してもらえます。

睡眠導入剤と睡眠薬はどう違うか、ご存知でしょうか?

先に答えを言ってしまうと、同じものです。

 

正確には、身体から薬の効果がなくなるのが早いか遅いかだけで、身体に与える影響は同じです。

 

睡眠導入剤(超短時間作用型・短時間作用型睡眠薬)

  • 吸収と代謝が早い
  • 効果発現までの時間と作用が短い
  • 血漿中濃度消失半減期が短い
睡眠薬(中時間作用型・超時間作用型睡眠薬)

  • 吸収と代謝が遅い
  • 効果発現が遅く、作用時間が長い
  • 血漿中濃度消失半減期が長い

 

血漿中濃度消失半減期とは、薬の成分が血液から半分程度に減るまでにかかる時間を言います。

睡眠導入剤には

超短時間作用型(約2〜4時間)

  • トリアゾラム(ハルシオン)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • ゾピクロン(アモバン)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)

 

短時間作用型(約6〜10時間)

  • ブロチゾラム(レンドルミン)
  • ロルメタゼパム(エバミール・ロラメット)
  • ハロキサゾラム(ソメリン)
  • リルマザホン(リスミー)

 

睡眠薬には

中時間作用型(約20〜30時間作用型)

  • フルニトラゼパム(サイレース・ロヒプノール)
  • ニトラゼパム(ベンザリン)
  • エスタゾラム(ユーロジン)

 

超時間作用型(30時間以上)

  • クアゼパム(ダルメート)
  • フルラゼパム(ドラール)

 

があります。

基本的には、寝つきの悪い人には睡眠導入剤が処方され、寝つきは良いけど途中で目覚めたり熟眠感が乏しい人には睡眠薬が処方されます。

寝つきも悪いし、眠れても途中で目が覚めてしまったり熟眠感がない人には、睡眠導入剤も睡眠薬も処方されるケースもあります。

 

基本は、一つの症状に一つの処方薬(単剤投与)

 

ですが、処方の原則は単剤投与の為、睡眠の処方薬として2種類の薬が処方されている方は、医師に確認をしてみてください。

よっぽどの睡眠障害でない限り、最初から長時間作用型の睡眠薬を処方される事はなく、まずは睡眠導入剤を処方されるケースが多いと思います。

この導入剤という名前も、睡眠薬よりも抵抗がなく飲めそうなイメージがあります。

ただ、睡眠導入剤は少し注意が必要です。

睡眠導入剤は睡眠障害を訴えるとすぐに出してもらえて、これを飲むと良く眠れるという方も多いです。

 

睡眠導入剤は、依存形成が早い

 

但し、

  • 吸収と代謝が早い
  • 効果発現までの時間と作用が短い
  • 血漿中濃度消失半減期が短い

というのは、脳の中の神経伝達物質の濃度が急に上がって急に下がるという事なので、その分依存する可能性も高まりやすいと言われています。

睡眠導入剤は、

  • 睡眠障害を訴えるだけで、医療機関なら気軽に処方してもらえる
  • 飲みやすいイメージがある(心理的抵抗が少ない)
  • 「ずっと飲み続けても大丈夫」と思われている
  • 効果を感じる人が多い
  • 依存形成が早い

といった特徴があります。

睡眠薬も睡眠導入剤も、身体に与える影響は同じです。

ですが、睡眠導入剤の方が名前のイメージからか、身体に負担の軽いものと思われがちです。

睡眠導入剤を飲んで寝ているという方は、飲み方をご自身で考えて、上手に飲むようにされてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です