自分の望みを叶える、たったひとつの方法

望みを叶える

今回はいつもと違う趣旨ですが、

「自分を変える為にはこんな事までしないといけないんだよ」というような事をTEDで言ってる人が いたので、その話を紹介します。
How to stop screwing yourself over | Mel Robbins | TEDxSF

喋っているのはアメリカで「行き詰まったと感じる男女」のカウンセリングを続けているテレビ司会者。
アメリカでは人口の約1/3(約1億人)が自分の人生に満足しておらず、自分の生活を変えたいと思っているのだとか。

でも、自分の人生を変えたいと思っているのになぜ変えられない人がこんなにも多くいるのか?

その理由は…

 

心の底から変わりたいとは思っていないから。


らしい…。

曰く、人が理想を体現できない最大の理由は、本気で変わりたいと思っていない本人に問題があるのだとか。

番組での言葉をまとめると、こんな感じです。

『何よりも問題なのは、「私は今のままで大丈夫。」という言葉で、自分が変わる事にブレーキを本人がかけてしまっていること。

朝起きて、テレビを見ながら朝食を食べて、いつもの電車で会社に行き、いつも通りの仕事をする。空いた時間でSNSをチェックして、youtubeを見て、夜になったら布団に入る。
休日は仕事のストレスを軽減させる為に、したい事を満喫する。
こんなルーティンが確立されていて、本当は心のどこかで「こんな事がいたいわけじゃないんだけどな…。」って思っていても、だからと言って理想の自分を追いかけたりはしない。

なぜなら、「私は大丈夫(im fine)」と思っているから。

でも、本当に大丈夫なの?
会社でいやなことがあっても?
なぜ大丈夫というのか?

なぜなら、大丈夫といえば何もしなくて済むから。

一番の問題は、あなたが大丈夫と思っている事。

理想の自分にならなくても、自分で自分自身に 「大丈夫」 と言い聞かせてしまっているから

だから頑張ろうとしない

人は変わろうとしないし、転職嫌だけど、無職よりましだから

もしあなたが、なにかをしたいけど見つからないなら、本屋に行ったりインターネットで検索してみて。

子供の頃は、あなたのやりたくない事は親が強制的にやめさせてくれたけど、今はあなたがそれを自分自身に強制的に行わなければなりません。

そしてやる気になったら、いますぐ始めて。
なぜなら人は5秒以内に動き始めないと、2度と動く事はないから。

理想の自分があるなら、いますぐ「私は大丈夫」と言うのをやめて、毎日のルーティンから今すぐ抜け出して』

 

ちなみに、いつものルーティンを壊してまで新しい事を始める事は、

暖かいベッドから、真冬の寒空へ飛び出すのと同じくらいのエネルギーが必要なんだとか…。

あなたがもし、今の生活に満足していなくて、変わりたいと本気で思っているのなら、

 

今すぐ(5秒以内に)暖かい布団から寒い冬空へ出て行く

 

それが、あなたの望みを叶えるたった一つの方法。

これを健康面に置き換えて考えるなら、

・不眠を克服したい
・ダイエットしたい
・生活習慣を改善したい

ってのも一緒。実行に移そうと思ったら、5秒以内にあったかいベッドから出て、真冬の寒空へ飛び出すのと同じくらいのエネルギーと行動力が必要

のようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です