「寝る前のスマホいじりで不眠になる」の嘘

スマホ

寝る前のスマホは不眠の原因になるので控えましょう。

って言われていますが、(僕も患者さんに伝えていますが)使い方さえ間違えなければ、寝る前にスマホを見ても睡眠の質にはそんなに影響ないかもって記事を見つけました。(mail online

アメリカの研究チームによる調査で、スマホのライトが睡眠の質に関わるメラトニンの分泌にどれくらい影響するのかを調べたもの。

ここでは、メラトニンに影響のある明るさを30ルクス以上として調査をしてます。

ルクスってのは明るさの単位で
晴天時の外の明るさ → 100,000ルクス
コンビニの明るさ → 3000ルクス

と言われているので、かなり暗めにしないとメラトニンの分泌に影響してしまいそう。

ここではiphone4、初代ipad、ipad3を使って、「最も明るい画面と最も暗い画面」「端末が顔からほぼ距離のない状態と36センチ位(両手を伸ばした程度)離した状態」でどの程度差が出るのかを見ていきます。

その結果がこちら

・最も明るい画面で距離のない状態

iphone4 → 275ルクス
ipad         → 124ルクス
ipad3       → 248ルクス

・最も明るい画面で36センチ離した状態

iphone4 → 8ルクス
ipad         → 21ルクス
ipad3       → 32ルクス

・最も暗い画面で距離のない状態

iphone4 → 2ルクス
ipad         → 11ルクス
ipad3       → 2ルクス

・最も暗い画面で36センチ離した状態

全端末とも0〜3ルクス程度

 

という結果になりました。

 

一番暗い画面なら、睡眠にはほとんど影響なし?

 

iphoneの場合、最も暗い画面で36センチ離すとほとんど見えなくなっちゃうのでこれは現実的でないとして、画面を暗くしてしまえば近い距離でも2ルクスしかないとなると、これはメラトニンの分泌って部分ではほとんど影響なさそう。
端末によって多少の明るさの違いはあるけど、30ルクスってレベルにはいっていないですし、、。

ただ、この調査ではブルーライトが網膜や脳に与える悪影響などは含まれていない為、「スマホのライトを当て続けても人体に問題なし」と言い切るものではありません。

スマホに限らず現代人はとにかく光を浴びすぎていて睡眠と覚醒のバランスが崩れているのは間違いないし、寝る前にスマホ動画に熱中して結局睡眠時間を削られるなんて事もあるので、個人的には寝る前のスマホはやっぱり避けるべきかなあって意見には変わりはありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です