今の時期、朝起きられないあなたは〇〇かも?

あなたには、今の時期になるとこんな事ありませんか?

・目は覚めているのに、布団から出られない
・外に出るのが億劫
・甘いものが無性に食べたくなる

それ、「冬季うつ」と呼ばれる状態かもしれません。

冬季うつ(季節性感情障害・SAD)とは、その名の通り冬の時期に現れるうつ症状です。
原因は日光不足が挙げられており、欧米では一般的に知られていて、光療法や食生活を見直す事によって症状が改善されると言われています。

でもこの「冬季うつ」、東洋医学だと少し見方が違います。 

東洋医学では、季節によって必要となる睡眠時間が変わってきます。
基本的には日照時間に合わせた生活リズムを取る事が良しとされている為、

夏は遅寝早起き
冬は早寝遅起き

が良いとされています。

また、秋頃に気分が落ち込みやすくなったり気分に波が出たりするのも、季節が夏から冬(の季節からの季節)へ移っていくので、身体にも同じような変化が起きていると考えられています。つまり、

夏は明るくて、
秋は少し落ち込みやすいor気分に波が出る。
冬は夏に比べて塞ぎ込みやすくなる

というのは、自然の流れに沿った変化とも言えます。

今の時期、

・気分が落ち込みやすい
・睡眠時間が長くなる
・布団から出られなくなる

のは、自然なものなのかもしれません。

日常生活に支障がないのであれば、気にしすぎる必要はありません。

しかし、それ以外に

・胸がざわざわ・そわそわする
・少し動いただけで動悸がする
・不安感が強い

といった症状が出てお困りの場合は、専門家に相談した方が良いかもしれません。

何にせよ、周りの環境が変われば身体にも変化が起きるもの。焦り過ぎず、一歩引いた視点で自分を見てみるのも大切です。

「動悸が気になる」「すぐに不安感が強くなる」でお困りの方におすすめのコースはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です