暖房は、使いすぎると体が冷える??

日に日に、昼と夜の寒暖差が激しくなってきましたね。

冬にもなれば、帰宅後すぐに暖房やヒーターを付けて、部屋中を暖かくしたくなりますよね。

気温が下がるという事は、それだけ体温の維持にエネルギーを消耗してしまうという事。その為、今までの季節と同じような生活を送っていると、エネルギーをどんどん消耗してしまいます。

秋

ですが、体が冷えるからと言って、温めすぎるのも実はあまり良くありません。

室内で、高めの温度設定にしていると、皮膚表面の血管が広がり、毛穴も開きやすくなり、そこから水分や熱などが出て行ってしまうので、体の内部が冷えてしまい、逆効果になることも

暖房は防寒対策のメインとして使うのではなく、冬着でしっかりした寒さ対策をした上で、プラスαとしてお使いいただく程度が、最適な使い方。

秋1

東洋医学でも、冬は「蔵」する季節と考えられていて、秋に蓄えた生命力を体に蓄えて、新しい春の季節に取っておく為の大切な季節。

洋服などで、体の熱を奪いすぎない程度に過ごすことが大切です。

23756126_blog

「今の季節、なかなか疲れが取れない」というあなたにおすすめのコースはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です