満足な睡眠が得られていないあなたへ

あなたがもし、

「日中の眠気も感じないし、疲労感もあまり感じない。」

という方であれば、当院は、お手伝いできる事はないかもしれません。
しかし、もしあなたが、自分の睡眠に対してなんらかの不満を感じているのであれば、きっとお役に立てると思います。

xf3175094654x

普段、眠りの大切さを実感する事は少ない方場合でも、大事な会議や試験の前日などに寝付けないといった経験がある方は、会議や試験本番が終わった後に睡眠の大切さに気がつくと思います。

そして、睡眠障害を患った方なら、毎日の眠りの大切さを痛感している事だと思います。

「心配で夜も寝付けない」

「眠れないほどの不安」

という表現は、言語、民族、文化に関わらずユニバーサルなものといわれています。

しかし、試験や会議のように原因がはっきりしたものではなく、意識には不安や心配がのぼっていなくても、脳の深い部分ではなんらかの不安や心配事を感じている事があります。

慢性的にストレスを受けている、脳のシステムに変調をきたしていても、その変調が意識に上がってこない事が良くあります。

私たちの意識というものは実に曖昧で、自分に起こっていることをほとんど把握できていません。

短期的な恐怖や喜びのような情動や、慢性的な不安、どちらも本人の自覚のないところで不眠の原因になり得るのです。

現代医学でも、情動に関わりの深い化学物質が、覚醒と睡眠に深く関係している事が分かっているようです。

東洋医学では、怒り、喜び、思い悩み、恐れ、驚きの全てが心に影響すると考えられています。

そして、ツボを刺激することによって、心の状態を調整する事ができます。

「快眠グッズや睡眠療法もいろいろ試したけど、あまり効果がない」

「ストレスや悩みは抱え込まない方だから、眠れないのはなにか病気かも、、」

「眠れないけど、なるべく薬には頼りたくない」

という方は、是非一度当院にご相談ください。

IMG_0855 のコピー

自分の睡眠に対してなんらかの不満を感じている」という方に

おすすめのコースはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です