あなたが毎朝だるくてしんどい理由とは

あなたは、

・毎朝だるくて仕事に行くのがしんどい…
・毎朝シャキッと起きるなんて無理。
・毎朝起きるとその日やる事で頭がパンク寸前…。

なんて思ったりしていませんか?

当院にいらっしゃる方の中でも、朝の寝起きがとにかく辛いという方が多くいらっしゃいます。

朝、身体が重だるい理由としては

  • 普段の食事
  • アルコールやタバコなどの嗜好品
  • 睡眠環境
  • 労働環境

なんかが関係してきますが、それ以外で絶対外せない理由として「考え方のクセ」があります。最近、内容のとても濃い自己啓発本がたくさん出ていて、「またか。」と思われる方もいるかもしれません。^^;

と言っても「だるいのは気持ちの問題」とか「仕事に行くのが面倒臭いと思っているから」とかではなくて、ここで言いたい考え方のクセとは、

 

一度にたくさんの事を考え過ぎてしまっている

 

という事。

「今」以外の事を考えている時の脳の状態をDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)といった言い方をしますが、現代人の脳は1日のエネルギーの約60〜70%をこのDMNに使ってしまっているんだとか。

それだけ現代人が忙しくなったという事でもあるかもしれませんが、あれもやらなきゃこれもやらなきゃ。あれはどうなったのかな?こっちはうまくいっているかな?

と常に色々と考えていると、それだけで脳はかなりの疲労を感じてしまうみたい。

朝起きた時に職場に着いたらまずやらなきゃいけない事を考えて、職場に着いてその作業をしている間はお昼後にするべき仕事の事を考えて、その日の仕事が終わる頃には夕飯に何を買うかを考えて、買い物をしている時は今日はどんなテレビを観るかや寝る前にすべき事を考えて…

だとあなたは全然「今」にいませんよね。
これでは中々脳が休まる時間がありません。

それにこの考え方の副産物として、必要のない焦りが生まれてきてしまいます。

別に急いでもないのに道路が混んでたらイライラしたり、1本遅れても良い電車に駆け込んで乗ったりしちゃいます。

急いで得られる未来の5分よりも、急がずにのんびり過ごす今の5分の方が大切と試しに思ってみるのも良いのかも。

もしあなたが、しょっちゅう「今日もしんどいな…。」と感じていて、今回伝えたような考え方をしているのなら、少し頭の片隅にでも置いておいてください。

もちろんより良いパフォーマンスを引き出す上で事前の準備は必要ですが、こういった脳の特徴も覚えておくと、より快適に毎日を過ごす事が出来るかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です